主婦にオススメのカードローンはどこ?

★主婦にオススメなのは年収制限のない銀行カードローン!

 

主婦をしていても、お友達とのお付き合いや冠婚葬祭、実家の事情等で急にお金が必要になることがあります。ではそういった場合に主婦がお金を借りるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

主婦がお金を借りる方法としてはまず、アコムとかプロミスとかアイフルとか消費者金融業者を利用するというものが挙げられます。

 

しかし、主婦が消費者金融業者でお金を借りる場合、主婦でパートをしている場合であっても、総量規制ができてからは、収入の3分の1までしか借入できなくなってしまいました。

 

働いていない専業主婦の方はもっと大変でご主人の年収を証明する書類や借入をすることに関するご主人の同意書を提出しなければなりません。

 

というか、そもそもアコムとかプロミスとか消費者金融では専業主婦の申し込みを受け付けていません。(※一部、旦那の同意書を提出すれば貸してくれる消費者金融もあります。)

 

こうして見てみると、主婦が消費者金融からお金を借りることにはある程度の高さのハードルがあると言えるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、銀行カードローンです。
では、どうして主婦がお金を借りる場合に銀行カードローンがオススメなのでしょうか。

 

銀行カードローンは総量規制対象外

 

主婦に銀行カードローンをおすすめする理由としてはまず、銀行カードローンは総量規制の適用を受けない、という点が挙げられます。総量規制制度は貸金業法の適用を受ける業者を規制する制度で銀行のカードローンは、総量規制の対象外となっています。

 

そのため銀行カードローンであれば、年収の3分の1を超える金額であっても借入をすることができるのです。しかも、専業主婦でも申し込みできる会社も数社あります!

 

しかも、旦那の同意書の提出も不要です。

 

具体的には、三菱東京UFJ銀行のカードローンやじぶん銀行やセブン銀行などがこれにあたります。これらの銀行カードローンに関してはネットからの申し込みも可能ですので、窓口で根掘り葉掘り色々なことを聞かれるということもありません。

 

こうして見てみると、地方銀行よりもメガバンクの方が主婦の借入を受け入れている傾向にあるようですね。

 

ちなみにメガバンクのカードローンは地方銀行のカードローンと比べて金利が安い傾向にありますし、お得なポイントサービスを提供しているところもありますので、ぜひ利用してみてください。

 

▼旦那の同意書不要で借りれる銀行カードローン

主婦でも借りれるカードローン一覧

主婦がお金を借りる時に必要な書類まとめ

消費者金融業者のキャッシングや銀行カードローンを利用して借入をする場合、申し込みに当たってはどのような書類を用意しなければならないのでしょうか。ここでは、キャッシングやカードローンに申し込む際に用意すべき書類についてご説明させていただきます。

 

1.本人確認書類

 

消費者金融業者のキャッシングや銀行のカードローンに申し込みをする際に必ず必要になってくるのが、本人確認書類です。

 

最近はインターネット上で簡単に借り入れの申し込みをすることができるようになっていますが、消費者金融業者や銀行としても、貸したものは返してもらわなければなりませんので、申込者がどこの誰なのかということについては必ず確認しておく必要があります。

 

こういったことを考えると、借入の申し込みをする際に本人確認書類の提出が必要となるのも、ある意味当然ですよね。

 

本人確認書類とは具体的に、運転免許証や健康保険証、パスポートなどのことをいいます。
また最近は住所を変更してもこれらの書類の住所変更手続きをされない方が増えていますが、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合には、印鑑証明や住民票の写しなど、現住所が記載されているものを別途用意する必要があります。

 

どういった場合にどのような書類が必要になるかということについては消費者金融業者や銀行のホームページ等において案内されておりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

2.収入を証明する書類

 

高額融資を受ける場合は収入証明書類も必要です

 

キャッシングやカードローンの申し込みをするにあたっては、収入を証明する書類が必要になることがあります。収入を証明する書類とは具体的に、所得証明書や源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細などのことをいいます。

 

これらの書類は、勤務先や市町村役場等においてはこうしてもらうことができます。

 

ただし収入を証明する書類の提出が必要となるのはあくまでも総量規制の適用受ける貸金業者等で借入をする場合であって、銀行カードローンに申し込みをする場合、ほとんどの方は収入を証明する書類を提出する必要がありません。

 

また貸金業者で借入をする場合であっても、借入限度額が50万円未満である場合や他社との借入額の合計が100万円未満である場合には、収入を証明する書類の提出が不要です。

 

 

主婦カードローン〜借入までの流れ

最近は、主婦やパートタイマーの方でもキャッシングや銀行カードローンを利用することができるようになっています。

 

では、キャッシングや銀行カードローンを利用したいという場合、申し込みからお金を借りるまではどういった流れで進んでいくのでしょうか。

 

初めてお金を借りる方も多いと思いますので、銀行カードローン等の申し込みからお金を借りるまでの流れについてご紹介させていただきます。

 

1.申し込み

 

借入をするにあたってはまず、申し込みをする必要があります。

 

業者によって申し込み方法は異なりますが、ほとんどの消費者金融業者や銀行カードローンにおいて、窓口での申し込みや電話や郵送、FAXによる申し込みはもちろん、インターネットやモバイルからの申し込みが可能になっています。

 

インターネットからの申し込みであれば必要事項の入力や本人確認書類の送付を一度に済ませることができるため、お急ぎの方にはネットからの申し込みをおすすめします。

 

2.仮審査

 

申込みが完了すると、仮審査が行われます。この仮審査というのは申込時に申告した事項をもとに行われる審査のことで、インターネットから申し込みをした場合、次のページへ、というところをクリックするだけで仮審査の結果が出るところもあります。

 

3.本審査

 

仮審査が終わると、いよいよ本審査に入ります。本審査では申込時の個人情報を信用情報機関に問い合わせて過去の事故歴の確認がされたり、職場への在籍確認が行われたりします。

 

また業者によっては、携帯電話に電話をして申込み内容の確認をされることもあります。そしてこの本審査を通過することができれば、晴れて借入をすることができるようになります。

 

最近は即日融資サービスを提供しているところも多くありますが、早いところでは申し込みから本審査までに30分もかからないこともあるようです。

 

4.契約

 

本審査を通過すると、いよいよ契約となります。自宅に契約に関する書類が送付されてきますので、これに必要事項を記入して、返送する形になります。

 

ただしインターネット等から申し込みをした場合にはネット上で必要事項の入力を行いますので、特に契約に関する書類を交わすことなく、つまり自宅に郵便物が届くことなくキャッシングやカードローンを利用することができる場合もあります。

 

5.カード発行

 

以上の手続きが完了すると、キャッシング、あるいはカードローン専用のカードが発行されます。カードが発行された後は、銀行ATMやコンビニエンスストアに設置されているATMを利用して、借入をすることができます。