カードローンの審査ってどういうもの?

1.審査は何のために行われるの?

 

カードローンの申し込みをすると、申し込みをした際の情報をもとにして審査が行われます。そしてこの審査に通る事ができなければ、カードローンを利用して借入をすることはできません。

 

では、そもそも審査とは一体何のために行われるのでしょうか。
カードローンの審査は、申込者の返済能力を判断するために行われます。

 

想像してみてください。
あなたがある人から「お金を貸してください」と頼まれたとします。

 

その時あなたはおそらく、「この人はきちんと貸したお金を返すことができるのだろうか」という点についてよく考え、お金を貸すかどうか判断するかと思います。

 

カードローンに関してもこれは同じで、借入の申し込みを受けた際に銀行は、様々な要素をもとにその人の返済能力を審査し、貸付をするかどうかを判断しているのです。

 

2.カードローンの審査ってどういうもの?

 

では、カードローンの審査というのは具体的にどのようなものなのでしょうか。
もっと言えば、カードローンの審査ではどういった点が重視されるのでしょうか。

 

カードローンの審査において重視される点としてはまず、安定した収入があるかどうか、という点が挙げられます。当然ですが、借入後は毎月一定額ずつの返済をしなければなりません。

 

そして毎月きちんと返済をするためには、安定した収入が入ってきていることが必要不可欠です。

 

そのためカードローンの審査においては、安定した収入があるかどうかという点が重要視されるのです。ちなみにサラリーマンとして勤務している場合は勤続年数が長ければ長いほど審査に通りやすくなります。反対に転職して間もない頃や新卒で入社したばかりの頃は、審査に通りにくい傾向があるようです。

 

3.他社借入状況や事故歴も重要になってくる

 

カードローンの審査においてはまた、他社での借入状況も重視されます。

 

既に他社で借入をしているという場合、その返済額の分だけ申込者の返済能力は低いということになります。そのためカードローンの審査では、その人が他社からいくら借りているのかということが重視されるのです。

 

さらにこの他に、カードローンの審査では事故歴の有無も重視されます。

 

過去に支払いを焦げ付かせたことがある方や、債務整や自己破産をした経歴がある方に関しては、残念ながら審査を通過することはできません。

 

銀行としても貸し付けたお金は確実に回収する必要がありますので、過去に借りたお金を返さなかった経歴がある人に対して、貸付をするわけにはいかないのです。