パートの場合は借入可能額が少ない?

1.借入可能額とは

 

住宅ローンやマイカーローンが決まった額を融資するものであるのに対して、キャッシングやカードローンは借入可能額を設け、その範囲内の金額を融資する、というものになっています。

 

つまりキャッシングやカードローンの申し込みをして審査に通過することができると、借入専用のカードが発行され、借入可能額の範囲内で何度でも自由に借り入れをすることができる、ということになります。

 

ちなみにこの借入可能額ですが、申込者の収入やその他の要素をもとにして決定されます。

 

ある程度収入がある方であればそれなりの借入可能額を設定してもらうことができますが、多くの方の場合、50万円程度の借入可能額が設定されることが多いようです。

 

2.パートの場合は借入可能額が少ない?

 

では、パートをしている方の場合、正社員や派遣社員として働いている方と比べて借入可能額が少なくなってしまうのでしょうか?パートとして働いている方は収入がそこまで多くないうえ正社員として雇用されているわけでもないため、不安になってしまいますよね。

 

では、実際のところはどうなのでしょうか。パートの方がキャッシングやカードローンに申し込んだ場合、その借入可能額は少なくなってしまうのでしょうか。

 

残念ながら、答えはYESです。

 

パートやアルバイトをしている方が借入の申し込みをした場合、正社員として働いている方と比べると借入可能額が少なく設定される傾向にあるようです。

 

業者側が借入可能額を設定するにあたって最も重視するのは、その人にどのくらいの安定した収入があるのか、という点です。

 

そうすると収入の多さや安定性という点においては、やはりパートとして働いている方は正社員として働いているに比べて低くなってしまうため、借入可能額も少なくなってしまうのです。

 

ただ利用可能額が少なくなるとはいえ借入自体ができないわけではありませんし、パートの方であっても30万円程度の利用限度額を設定してもらうことは十分に可能です。

 

実際大手消費者金融業者のほとんどがパートやアルバイトの方に対して30万円という借入限度額を設けていますし、銀行カードローンの中にも、パートの方に対して貸付けを行っているところがあります。

 

パートとして働いている方に対して貸付けをしている貸金業者や銀行は沢山存在しますので、「パートだから無理」と諦めてしまうことなく、そういった業者を探して借入の申し込みをしてみましょう。