主婦なら知っておきたい総量規制について

1.総量規制とは

 

皆様の中にもCM等においてご存知の方が多いかと思いますが、貸金業法が成立したことによって、新たに総量規制という制度が設けられました。

 

総量規制というのは簡単に言うと年収の3分の1を超える借入が制限されるという制度で、この制度が創設されたことによって、新たな借り入れをする際にこれまでとは違う手続きが必要になる場合が出てきました。

 

ちなみにこの総量規制の対象となるのは貸金業者のキャッシングサービスを利用した借入やクレジットカードを利用した借入などになります。またクレジットカードではショッピングをすることもできますが、お買い物で利用した分に関しては総量規制の対象外となります。

 

総量規制ができるまでは、年収の何分の一までといった制限が一切なく、貸金業者の審査に通りさえすれば自由に借り入れをすることができていました。

 

そうすると無計画に借入をする方や借金を借金で返そうとする方が増え、任意整理や自己破産をする人が急増し、そのことが社会問題化してしまいます。

 

そういった社会的背景を受けて創設されたのが、この総量規制というわけです。

 

2.総量規制ができたことによる影響

 

では、総量規制ができたことによってどのような影響が出てきたのでしょうか。

 

上でも書いたように、総量規制ができたことによって我々は、年収の3分の1を超える借入をすることができなくなりました。

 

また既に貸金業者との間でキャッシングの契約をしている方も、その利用限度額が年収の3分の1を超えているような場合には、利用限度額の減額が行われることがあります。

 

そして新たな借り入れを申し込む場合には、収入を証明する書類を提出しなければならなくなりました。年収の3分の1を超える貸し付けをした場合、貸金業者には行政処分が科されることがあります。

 

そのため貸金業者としては、申し込みを受けた段階でその人の収入を証明する書類の提出を要求し、年収の3分の1を超える貸し付けをしないようにしているのです。

 

3.総量規制対象外のカードローン

 

ここまで総量規制について解説してきましたが、実は総量規制の適用を受けることなく借入をすることができるツールが存在します。そしてそのツールとはズバリ、銀行のカードローンです。

 

そもそも総量規制というのは貸金業法によって規制される業者を対象とした規制であって貸金業法が適用されない銀行はその対象外となります。

 

そのため銀行のカードローンであれば、総量規制に関係なく借入をすることができるのです。