パートの人が勤務先への在籍電話なしで借りたい場合は?

1.厄介な在籍確認

 

キャッシングやカードローンの申し込みをする際は、必ず勤務先について申告しなければなりません。そして申し込みを受けた銀行や貸金業者は申告された勤務先情報が本当かどうかを確認するために、在籍確認を行います。

 

この在籍確認は主に電話によって行われ、一般的には、「○○と申しますが△△様いらっしゃいますか」といった具合に担当者が個人名を名乗って職場に電話をかけて申込者を呼び出し、その電話に申込者が出れば無事に在籍確認は完了、といった感じで行われます。

 

在籍確認の電話で担当者が会社名や銀行名を名乗ることはまずないため電話がかかってきたからといって借入をしようとしていることがバレるということはまずありません。

 

しかしパートとして働いていて職場に自分宛の電話がかかってくることなどありえないという方の場合、いきなり職場に電話をかけてこられると"電話がかかってきた"こと自体をもって不審がられてしまうこともあり得ます。

 

また立場上、職場に電話をかけてこられると困るという方もいらっしゃるでしょう。

 

2.勤務先への電話なしでお金を借りたい場合、どうすればいい!?

 

では、勤務先に電話をかけてこられることなく、つまり在籍確認の電話をされることなくお金を借りるためには、一体どうすればいいのでしょうか。

 

答えは簡単です。
勤務先への電話がない、つまり在籍確認の電話をしてこない業者から借入をすればいいのです。

 

そしてその業者とはズバリ、セブン銀行です。

 

セブン銀行のホームページを見て頂ければ一目瞭然なのですが、セブン銀行は貸付をするにあたって電話連絡を一切行っていません。そのためセブン銀行のカードローンを利用すれば、在籍確認の電話におびえることなく借入をすることができます。

 

ただしセブン銀行は新規申込者の借入限度額を10万円までに設定していますので、この点だけは注意しておきましょう。

 

セブン銀行以外で借入をするという場合、やはり在籍確認の電話は避けることができません。

 

申込みの段階で在籍確認の電話をかけてくる際は保険等の営業のふりをしてほしいと伝えておいたり、電話ではなく、会社の給与明細を提出するなど電話以外の方法による在籍確認をしてもらいたい旨を伝えれば、職場の同僚に借入をしようとしていることを知られないで済みます。

 

業者の中には在籍確認に関してある程度の融通を聞かせてくれるところもありますので、借入の申し込みをする際はぜひ相談してみてください。